>>布教使.comの運営費応援のお願い

新しい生活様式?コロナ禍の3密と仏教の三密【石田慶嗣師】

こんにちは、浄土真宗本願寺派の石田慶嗣です。

以前飼っていた愛犬ハナちゃんが亡くなって4年が経過。

子どもも私も寂しい思いをしていたが、新型コロナウイルスで巣ごもり生活の中、慶誠寺に新しい家族が来た。

チワワとパピヨンのミックスでチワパピ犬。

チョコちゃん

名前は「チョコちゃん」。

子どもたちも新しい家族ができたので大喜び。

久しぶりのペットに、家族の生活様式も「新しい生活様式」に変化した。

石田家のお犬様

その生活様式とは、「犬中心の生活」である。

室内犬を飼うこと自体が初めてで、毎日の散歩や食事の準備にお風呂など戸惑うことばかり。

まさに「お犬様」という扱いで迎えられた家族との関係は発見の連続で、戸惑いつつも新たな生活を楽しんでいる。

私はというと、手や足などは本気で噛まれて傷だらけ。

子犬の甘噛みといったかわいいものではなく、かなり痛い

しかし新しい生活様式の「ソーシャルディスタンス」を取らなければと思いつつも、どんなに噛まれても、ついつい遊んでしまうのは何故だろう。

それはたぶん、一緒にいると癒されるからだ。

新しい生活様式では、できるだけ距離をとって濃厚接触を避け、手洗い、マスク着用、3密にならないことが大切だと言われている。

しかし家の中で、愛犬チョコちゃんとの濃厚接触は、自分が気を付けていても寄って来るので避けられないだろう。 

コロナ禍の3密と仏教の三密

コロナウイルス感染拡大を防ぐためには「3密」を避けることが重要だと言われている。

感染予防のために避けるべき3密は以下の通り。

避けるべき3密
  1. 密閉(換気のできない密閉空間)
  2. 密集(人の集まる密集場所)
  3. 密接(近い距離での会話や密接場面)

この3つをさけることが大事である。

この3密という言葉はコロナ禍になって新たにうみだされた言葉だが、仏教にはもともと「三密」という言葉があったことも知っておきたい。

私の所属している浄土真宗では使わないが、仏教での三密は「空海がひらいた真言宗をはじめとする密教の教え」と言われている。

その三密とは、身密(身体・行動)、口密(言葉・発言)、意密(こころ・考え)についての教えとある。

コロナ禍で生まれた3密という言葉だが、今までの密閉・密集・密接できていた生活様式は「あたり前」ではなく「有り難い」生活様式だったと思う。

科学や文明の発展により便利になった現代において、自分たちの行っていることが「あたり前」と思ってしまう。

それは、ひいては危険な事かもしれない。

自分たちの行いが「あたり前」と思っていては、他者を認めることもできず、間違っていることさえも気づかなくなってしまう。

だから、「有り難い」と思えることが大切だと感じる。

有ること自体が難しいのだから、心から「ありがとう」と言えるのだと思う。

仏教では、智恩・感恩・報恩という教えがある。

受けている恩を知り恩に感謝し、恩に報いることを感じることができれば、「南無阿弥陀仏」と報恩謝徳のお念仏が出てくるのであろう。


宗教って何だろう?

直七大学とは、宗教や日本文化についてオンラインで学べる学校です。

直七法衣店四代目が、プロとしても人としても魅力的だと感じた宗教者や職人から、宗教や職人技を皆で学びます。

授業中、音声やチャットでの質問もOK!

録画ではない生の授業で、楽しく濃い学び時間を、共有しませんか?!